MENU CLOSE

不動産用語辞典

不動産用語辞典

建築の構造に関する用語

  • W造

    Woodの頭文字で、木造のことです。建物の主要部分に木材を使用した構造の建物で、アパートなどに多く利用されています。

  • S造

    Steelの頭文字で、鉄骨造のことです。建物の主要部分に鋼材を使用した構造の建物で、低層の建物におおく利用されています。

  • RC造

    Reinforced-Concreteの頭文字で、鉄筋コンクリート造のことです。 耐火性のあるコンクリートと耐震性のある鉄筋を利用した建物で、マンションなどの中高層住宅に多く利用されています。

  • SRC造

    Steel Reinforced-Concreteの頭文字で、鉄骨鉄筋コンクリート造のことです。 鉄筋コンクリート造に鉄骨の骨組みを取り入れた建物で、高層住宅に多く利用されています。

  • クッションフロア

    表面に塩化ビニルを用い、中間に発泡層を含んだシート状の床材のことです。 水に強く、防火性にも優れていて、賃貸住宅に多く利用されています。

  • フローリング

    天然木や集成材など木質系の材料を使用する床材のことです。 光沢があるため、見た目の高級感があり、平滑であるため清掃しやすく、ハウスダストやダニなどを低減できます。 また、強度、耐摩耗性などの点でも優れています。

  • ピロティ

    建物の1階部分に住居を設けず、空間(主に駐車場やエントランス)として利用する設計のことです。開放的な印象を与える効果があります。

  • バルコニー

    2階以上の住戸の外壁から外にせり出して作られた、屋根のない手すり付きの露台のことです。上階に同様のバルコニーがあればそれが屋根代わりになります。 バルコニーは居住者が利用できるスペースですが、避難経路として使われるため、改造したり、すぐに動かせない物置などを設置したりしてはいけないスペースになっています。

  • ルーフバルコニー

    階下の屋根をバルコニーとして利用できるようにした構造のことです。一般的なバルコニーに比べ、広い空間を確保できる場合が多いです。

カテゴリから探す

五十音順で探す